一覧へ戻る

2012年度 同窓会総会・懇親会報告

当番幹事挨拶

 去る6月23日(土)、2012年度西南学院高等学校同窓会総会・懇親会が盛会のうちに終了いたしました。当日は天候にも恵まれ、1100人を超える多くの皆様がご参加くださいました。ご多用にも関わらず、ご来場くださった皆様に、寄暖会一同厚く御礼申し上げます。
 私たち寄暖会は、当番幹事という大役を務めさせていただく中で、同級生や同窓生の皆様との間に数多くのドラマが生まれ、また、総会当日には普段決して味わえない大きな感動を経験し、まさに「SWinging」な1年でした。途中、代表幹事の稗田が入院により、その役目を続けることができなくなり、多くの方々にご迷惑をお掛けいたしました。しかしながら、この1年間で同窓生の皆様からたくさんのご縁をいただき、生涯の財産を得ることができました。

 右も左も分からない私たちに、厳しくも温かくご指導してくださった先輩方。若手会を盛り上げて、パワーと元気を与えてもらった後輩の皆さん。壁にぶつかりくじけそうな時に、いつも支えて勇気をくれた、最高の仲間である同級生。そして、同窓生の皆様とのご縁を、当番幹事という貴重な機会を通して与えてくださった、西南学院高等学校同窓会に寄暖会一同、心より感謝いたします。

 また、総会当日に至るまで、先輩方や関係者の皆様には多大なご迷惑をお掛けいたしました。この場をお借りしてお詫びいたしますとともに、皆様からのご支援、ご指導により盛会となりましたこと、心より感謝申し上げます。

 寄暖会は、来たる創立100周年に向けて、母校の更なる発展に微力ながら貢献できますよう、これからも努めて参ります。

 最後に、来年度の当番幹事である平成5年卒「ばってん西南隊」の皆様による同窓会総会・懇親会の成功と、同窓生の皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

2012年度西南学院高等学校同窓会総会
当番幹事 平成4年卒業生
寄暖会一同

 

受付風景

例年のごとく、卒業年ごとに受付が設けられ、早い時間から続々と同窓生が集まりだし、あちこちで再会を喜ぶ声が聞かれました。

グッズ販売

今年は、表面に博多祇園山笠の切り絵、裏に校歌をあしらった扇子が販売されました。また、キャンパスサポート西南によるオリジナルグッズ販売も行われました。

今年の懇親会司会者

・ 木村 匡也(昭和59年の卒業生)
 西南学院高等学校、西南学院大学(在学中、交換留学生としてテキサス州ベイラー大学に学ぶ)卒業後、福岡でFM局のイベントDJを始める。1989年に東京FM主催の『アメリカントップ40イングリッシュDJコンテスト』でグランプリを獲得、DJとしてプロデビュー。
福岡、大阪でレギュラー番組を持つようになり、その後、東京進出を果たす。
1992年に日本テレビ系バラエティー番組『進め!電波少年』のナレーションを担当し、大ブレイク。これ以降、フジテレビ系『めちゃ×2イケてるッ!』をはじめとするバラエティーを中心に数多くの番組やCMで大活躍中。

・ 春藤 なぎ(平成18年の卒業生)
 現在、西南学院小学校の教諭として活躍中

 

定期総会

今年も定刻より、定期総会が開催されました。今年は、例年の内容に加え、今年の4月に発足した関西支部の報告が関西支部長より行われました。

開会の辞:津田敏道総会実行委員長(S58卒)

賛美歌斉唱(伴奏は内海先生)

お越しいただいた来賓のみなさま

同窓会役員

同窓会会長あいさつ:河津善博(S47年卒)

来賓あいさつ:中学校・高校校長 伊原幹治(S43年卒)

活動報告:専務理事 張光陽(S53年卒)

関西支部設立の報告:関西支部長 坂本泰蔵(S44年卒)

閉会の辞:副会長 松原照明(S51年卒)

懇親会

総会の後、高校後援会の有吉会長(昭和57年卒)の乾杯により、懇親会が始まり、同級生はもとより先輩、後輩との再会に場はあっという間にワイワイガヤガヤに。



恩師と…

総会・懇親会にはお世話になった恩師も多くご出席いただきました。

【アトラクション】<同窓生紹介> 昭和46年卒「辰巳会」 青春の忘れもの”40年目の修学旅行

今年の懇親会で行われたアトラクションの一つめは、同窓生紹介として、在学中に修学旅行がなかった昭和46年卒のみなさんが昨年実施された「40年目の修学旅行」の様子の紹介がなされました。

【アトラクション】伊東たけし With 西南学院高等学校吹奏楽部OB・OGバンド 「Special SWinging Live!」

もうひとつのアトラクションは、吹奏楽部のOBであるT-Squareの伊東たけしさんと吹奏楽部OB・OGバンドによる演奏でした。皆聞き覚えのあるF1グランプリのテーマ曲などの演奏がありました。

当番幹事挨拶

今年の総会・懇親会の当番は、平成4年卒「寄暖会」。準備の途中で代表幹事の稗田氏が体調を壊し、一時入院という事態が起きたものの、代表幹事代行となった野口氏を中心に立派に当番幹事の務めを果たしました。総会当日には、代表幹事も壇上に上がることができ、今年は2人からの挨拶という形になりました。

次年度当番

来年、2013年の総会・懇親会の当番を務める、平成5年卒「ばってん西南隊」より力強いあいさつがありました。

校歌斉唱

総会・懇親会のクライマックスは恒例の校歌斉唱。皆肩を組み、大合唱。



万歳三唱

懇親会の締めは、万歳三唱。
今年は、同窓会の伊藤副会長(昭和52年卒)の音頭により高らかに万歳三唱が行われました。

一覧へ戻る

ページ上部へ↑