一覧へ戻る

2010年度 同窓会総会・懇親会報告

総会・懇親会終了後のあいさつ

 去る6月19日、2010年度西南学院高等学校同窓会総会は盛会のうちに終了いたしました。当日は、FIFAワールドカップの日本-オランダ戦があり、心配していましたが、1000人近いご来場をいただきました。ご多用中のところご来場くださった皆様に、厚く御礼申し上げます。
 昨年6月より、私たち平平会は、当番幹事の大役を仰せつかり、“愛しあってるかい!”を合言葉に同級生と心をひとつにして頑張ってきました。幾度となく壁にあたり、くじけそうになりましたが、いつも仲間が助けてくれました。また、この1年間たくさんの先輩や後輩の皆様と出会い、たくさんの愛をいただきました。この経験は、私どもにとって一生の財産になると確信します。
 このような貴重な機会を与えてくださった西南学院高等学校同窓会に平平会一同、心より御礼申し上げます。
 総会当日まで、同窓生の皆様ならびに関係者の皆様にもひとかたならぬご支援・ご協力を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 最後になりましたが、来年度の当番幹事である平成3年卒「賛西会」の皆様には、すばらしい総会・懇親会を開催されることと、同窓生の皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

2010年度西南学院高等学校同窓会総会
当番幹事 平成2年卒業「平平会」
代表幹事 鹿島 基史

 

受付風景

今年は、サッカーワールドカップの日本対オランダ戦と重なり、若干心配もあったのですが、その心配をよそに多くの同窓生が集まりました。

会場展示・グッズ販売

今年は、青、緑、赤の懐かしい校章の復刻版を販売しました。また、キャンパスサポート西南㈱が販売しているオリジナルネクタイ、タオル、扇子も販売されました。グッズ販売の横には、5月に開催された関東支部発会式の写真が展示されました。

今年の総会司会者

・ 藤田 恵子
2003年(平成15年)の卒業生。
所属:エントリ-サービスプロモーション株式会社
ブライダル・パーティ・式典・学会・各種イベントで司会として活躍中。昨年はKBCやRKBのテレビリポータとして出演。

・ 明石 昌子 >
2003年(平成15年)の卒業生。
所属:株式会社シナプス
TNC「グルニエ少年少女」や「今夜も万事快調」等のテレビ番組やCM、天神FMのDJとして活躍中。

 

定期総会

18時30分、定刻通り、本年度の総会がはじまりました。壇上には同窓会役員ならびに本日お越しいただいたご来賓の方々が並ばれ、その後ろには、書道の山口先生による、今年の総会テーマである「愛し合ってるかい!」の力強い文字が飾られていました。

開会の辞:川崎副会長・総会実行委員長(S55卒)

賛美歌斉唱(伴奏は内海先生)

同窓会会長あいさつ:河津会長(S47卒)

お越しいただいた来賓のみなさま

来賓あいさつ:伊原校長(S43卒)

会務報告:張専務理事(S53卒)

功労者表彰:和佐野前校長(名誉会長)

功労者表彰:志岐前同窓会会長

クラブ表彰:横田猛君
(第40回国際物理オリンピックメキシコ大会 銅メダル)

クラブ表彰:松尾佳恵さん
(第5回WBTFインターナショナルカップ 優勝)

クラブ表彰の二人
 

閉会の辞:松原副会長(S51卒)

懇親会

総会の後、お待ちかねの懇親会です。今年は、懇親会の冒頭で、関東支部初代支部長に就任された井手隆司支部長(S47卒)より支部発会の報告がありました。そして、池松後援会会長の音頭で乾杯が行われ、懇親会は始まりました。

学年ごとに設けられたテーブルで、旧交を確かめ、料理に舌鼓を打ち、再会を喜び合いました。そのうち、他の学年のテーブルへいったり、恩師の先生方をつかまえ近況を報告したりするうちに、学年の垣根は取れてしまい、なかにはテーブルが空になっている学年もありました。

【アトラクション】西南伝 SEINANDEN

今年のアトラクションは、「西南伝」と名打ったオリジナルビデオを放映。懐かしい豊田先生の言葉から始まり、現在の高校校舎の紹介、昔の高校や西新界隈の様子が流れました。途中、「現在のドンキホーテの場所には、昔なにがあったでしょう?」「平成元年当時、しばらくのラーメンはいくらだったでしょう?」といった問題コーナーもあり、懐かしさと笑顔のこぼれるひと時でした。

当番幹事挨拶

今年の総会・懇親会の当番幹事であった、平成2年卒「平平会(へいへいかい)」が壇上へ勢ぞろい。鹿島代表幹事によるお礼と当番幹事として過ごした一年間の思いをつづったあいさつ。この当番幹事を通じて、平成2年卒の絆もさらに強くなったことと思います。

次年度当番

来年の総会・懇親会を担当する平成3年卒「賛西会(さんせいかい)」が壇上にあがり、中田代表幹事による力強いあいさつがありました。どういう一年になるのだろうという若干の緊張感も見られましたが、来年に向けた活動に期待しましょう。

校歌斉唱

西南高校同窓会総会のクライマックスは、やはりこの校歌斉唱です。今年は、内海先生のオルガン伴奏による校歌斉唱。みな近くにいる同窓生と肩を組み、あちこちに同窓生の輪ができ、会場内に校歌が響き渡りました。

万歳三唱

校歌斉唱の余韻が残る中、今年、福岡県弁護士会会長に就任された市丸副会長(S49卒)による万歳三唱を行い、来年の再会を約束し、今年の総会は幕を閉じました。

一覧へ戻る

ページ上部へ↑