一覧へ戻る

2004年度 同窓会総会・懇親会報告

今年の同窓会総会は、最近開業した「福岡国際会議場」で開催されました。当日は、晴れていたものの蒸し暑く、当番をはじめ総会関係者は汗だくになりながら、同窓生の来場をお待ちしました。
結果、多数の同窓生が集まり、今年度の総会も大成功に終わりました。

当番幹事挨拶あいさつ

 今年度の総会並びに懇親会開催につきましては、同窓生の皆様に多大なるご支援をいただきありがとうございました。
おかげさまで大過なく無事に終了することができました。
今年度の同窓会は「つながれ西南! 世代を超えて!!」というテーマを掲げ、福岡国際会議場におきまして総会並びに懇親会を開催させて頂きました。
また、総会前には丸山弁護士による特別講演といった新しい試みにも挑戦させていただきました。
今年も昨年同様に1000名近い同窓生が一堂に会いし、旧友の絆を深めることができました。
また当番幹事として、二十年ぶりに同級生と再会し、同じ目的に向かってレンガを一つ、一つ積み上げてきたこの一年は、同窓会当日に最後の一つをその日に集まった仲間と共に積み上げ、達成感と感動という何ものにも代え難い、西南同級生としての「つながり」を改めて確実なものにできたと思います。
準備の途中では少なからずいろいろなことがありましたが、このような機会をいただき、貴重な経験をさせていただいたことを嬉しく思うとともに、素晴らしい思い出として、一生の財産として残るものと確信しております。
途中、不手際、不行き届き等反省すべき点も多々ございましたが、この場を借りてお詫び申し上げます。

59年卒 赤煉瓦の会 中村善文

 

 

総会・懇親会場

福岡国際会議場

受付風景

学年ごとにもうけられた受付で懐かしい顔に会いながら、受付を済ませます。受付が済んでも、受付で時間を費やされる方も少なくありません。

特別講演

総会に先立ち、「行列のできる法律相談所」でおなじみの人情派弁護士、丸山和也弁護士をお招きし、特別講演を催しました。
番組の共演者の話や最近の話題を取り上げながら、人情派弁護士らしい「法」と「情」について興味深いお話が聞けました。

定期総会

開会宣言
総会実行委員長・江副裕紀(S54年卒)による開会宣言で総会の幕を開けました。

会長挨拶
同窓会会長・志岐司(S39年卒)

当日お越しいただいた来賓の方々
左より斎藤末弘 西南学院理事長、寺園喜基 西南学院院長、村上隆太 西南学院大学学長、真鍋良則 西南学院中学・高校校長、長束正之 西南学院同窓会連合会会長、富重泰行 西南学院大学同窓会会長、長尾丈七 西南学院中学同窓会会長、奥山俊英 西南学院高等学校後援会会長

名誉会長挨拶
ご来賓を代表し、同窓会名誉会長でもある真鍋良則(S33年卒)西南学院中学・高校校長よりごあいさつをいただきました。

同窓会功労者表彰
同窓会への長年のご尽力に対し、同窓会より功労者表彰を行いました。受賞された先輩方。左より、緒方義立(S25年卒)前会長、空閑 義孝(S13年旧中卒)前副会長、山田 聰(S26年卒)前副会長、 村上 隆太(S31年卒)、石橋 次郎(S26年卒)前専務理事

決算・予算報告
同窓会専務理事・張光陽(S53年卒)より、昨年度の同窓会活動報告と決算、予算の報告をしました。

クラブ表彰
大会等で優秀な成績をおさめたクラブに対し、同窓会から表彰を行いました。今年は、ヨット部、弓道部、放送部、写真部が受賞しました。

新校舎寄付金贈呈
新校舎建設にあたり、毎年同窓会より寄付を行っています。今年も当番幹事(S59年卒)から真鍋校長に贈られました。

閉会の辞
同窓会副会長・中田徹(S29年卒)

懇親会

オープニング

懇親会は「野武士」の和太鼓による勇壮な演奏で幕を開けました。
※和太鼓演者 野武士
『我ら浮世を切る者 其の侍未だ死なず 其の刀未だ錆びず 主なき侍、野に降り立つ』をモットーに活動する、侍を意識した筑豊山田出身の倭太鼓集団

乾杯

奥山俊英 西南学院中学・高校後援会会長の乾杯で懇親会スタート

歓談の様子

【アトラクション】

懇親会の途中、福岡ダイエーホークスの試合の最中に素敵なダンスを披露してくれている「ハニーズ」が来場。福岡ドームと変わらぬ華やかなダンスを披露してくれました。

当番幹事挨拶

今年の総会・懇親会の準備を行った昭和59年卒「赤煉瓦の会」。お疲れ様でした。代表幹事の中村善文君より力強いあいさつがありました。

万歳三唱

しめくくりは、伊藤陽祐(S52年卒)副会長による万歳三唱。

閉会後

当番幹事が見送る中、それぞれが会場を後にしました。「ありがとうございました」「よくやった」の声がこだましていました。

実行委員長挨拶

6月19日の総会には今年も1000名近いたくさんの同窓生が来場し、盛会のうちにとり行うことができました。
当日来場していただいた同窓生の皆さん、本当にありがとうございました。
今年は昭和59年卒業『赤煉瓦の会』が当番幹事でした。会場は完成したばかりの福岡国際会議場で1000名収容できるホールでの丸山弁護士による特別講演や総会、『野武士』によるパフォーマンスで始まった懇親パーティと盛りだくさんの内容で、参加していただいた方々にも満足していただいたのではないかと思っております。
また、総会前には丸山弁護士による特別講演といった新しい試みにも挑戦させていただきました。
今年も昨年同様に1000名近い同窓生が一堂に会いし、旧友の絆を深めることができました。
また年々女性の同窓生を含めた若い年代の参加者が増えてきており会場の雰囲気もたいへん明るく華やいだものになってきました。
最後になりましたが、チケットの販売や総会資料の広告など、たくさんの同窓生の皆様にご協力をいただいたことに深く感謝し厚く御礼申し上げます。
それではまた来年、会場でお会いしましょう。

一覧へ戻る

ページ上部へ↑