善き力に囲まれて-新制高校70周年を踏まえて

 同窓会会員の皆様におかれましては、平素より本校の歩みをお覚えいただき、さまざまな形でご支援、ご協力をいただき、厚くお礼を申し上げます。

 本校は創立以来キリスト教に基づく教育を行い、隣人に開かれた心を持ち、よりよい社会や世界を作り出すために行動できる心豊かな人の育成を目指して歩んでまいりました。時代は移り変わり、男子校から共学校、さらに中高一貫校となり、校舎も変わりましたが、建学の精神に基づく志の教育の伝統は脈々と受け継がれています。

 「西南で学んだ知識を世のために活かし、人を照らす光となることを誓います」―これは、創立100周年の式典のおり、本校生徒が発表した未来宣言の一節ですが、これからも勉学に、部活動に、さらには自主的な活動に意欲的に取り組む生徒たちと共に、本校らしい開かれた学校づくりを目指して歩みをすすめていきたいと存じます。

 ところで、今年度は本校にとって大きな節目の年にあたります。1948年、戦後の学制改革によって新制高校が開設されるとともに、その前年に開設された新制中学の組織も改編され、中高とも戦後の新たな歩みがスタートして70年となる年であるからです。

 本校ではそのような中高の戦後の歩みを振り返りつつ未来を展望するため、両同窓会の皆様ともご相談して今秋に式典等を計画しております。

 「善き力にわれ囲まれ/守り慰められて/世の悩み共にわかち/新しい日を望もう」。これは本校で歌い親しんでいる讃美歌の一節(「新生賛美歌73」)ですが、善き力を信じ、たくさんの同窓生とのつながりを大切にしながら共に歩む、そのような学校でありたいと心から願います。

 高校同窓会のますますのご発展、会員の皆様のご健勝を心からお祈りいたします。

西南学院中学校・高等学校 校長  中根 広秋

 

ページ上部へ↑