この度、平成29年7月より3期目の同窓会会長を拝命しました、昭和54年卒業の江副裕紀(えぞえ ひろのり)です。

 平成28年度は、学院創立100周年という大変大きな節目でした。5月14日に開催された合同同窓会総会及び記念祝賀会では、「集え西南 愛と自由をたずさえて」というテーマのもと、マリンメッセ福岡に日本全国から2,300名を超える高校卒業生が集結し、全体でも4,200名を超える大盛会の同窓会となりました。皆様の母校に対する熱い思いを感じるとともに、そのご協力に厚く御礼申し上げます。

 西南学院は、次の100年への歩みを始めました。高校同窓会としても、新たな歩みとして、創立者C.K.ドージャー先生の精神を継承し、将来の日本、世界を担う青少年の健全な育成、社会貢献できる人材の育成を目的とした一般財団法人「西南一粒の麦基金」を設立しました。
財団は、西南学院百年館(松緑館)にて、小学生対象の無料英語教室「西南一粒の麦 English Academy」を開講しており、2クラスの生徒さんが毎週元気に英語を学んでいます。
これに限らず今後も有意義な活動を模索して参る所存です。皆さんもどうぞその活動にご注目され、賛同いただければと存じます。

また100周年に向けてほぼ固定化していた理事を今回大幅に入れ替え、委員会構成も今までに無い入れ替えを行い、各委員長の若返りも図りました。
当番幹事は、男女共学の世代となり、同窓会としても変化に柔軟に対応しつつ、新たな進化を目指しております。

これらの活動については、今後様々な場面でご報告させていただきたいと考えておりますので、今後とも同窓生皆さまのご理解とご協力をお願い致します。

 

 

西南学院高等学校同窓会会長 江副 裕紀(昭和54年卒)

ページ上部へ↑